​プレスリリース 2020.04.27

元インテル技術者が開発した、ワンシーズン 1,980円で「手のひら冷やす 暑さ対策」
体感15℃のアイシング 「 IceBattery®fresh 」の4月27日より全国販売開始します!  

アイ・ティ・イー株式会社(東京都 千代田区 代表取締役 CEO パンカジ・クマール・ガルグ  )、
松浦工業株式会社(大阪府 大阪市 取締役社長 宮崎 康寛)は緊急事態宣言解除後のスポーツ選手や一般の方が

熱中症対策に使える、家庭の冷蔵庫で冷やし、気温35℃の環境下でも平均15℃(表面20度、裏面10℃)で

ワンシーズン身体を冷やせる「IceBattery®fresh」をスーパースポーツ ゼビオ 沖縄 宜野湾店、うるま店、

 「通販生活」、ホームセンター、家電量販店で4月27日(月)より開始します。                

商品開発の背景       
                              

  「頑張る部活生を、体温の異常上昇による熱中症重症事故から守りたい」

 ・想いを共有する企業が集まり、「切れのある冷たさ」と「マイルドな冷たさ」2つの温度で体温上昇抑制

に役立つアイシングと専用保冷バッグを開発。

 国立環境研究所によると、熱中症が運動中に発生す割合が特に小中高生で3割以上と最も高い。

死亡者数1位は野球部。死亡率1位はラグビー部。熱中症の主要因は、脱水症状や体温の上昇に

よる自律神経機能の低下。現場では、水分補給はされているが、体温上昇を抑える手段が少ない。 

最近注目の「手のひら冷却」を参考に、部活生が手軽に手や身体を冷やせる商品を開発した。

暑さ対策と競技成績アップの両面を応援することが狙い

    ・IceBattery®fresh : 冷却時間目安  単体: 約1~2時間、専用保冷バッグとセットで約8~10時間

 ・手のひら冷却 推奨温度 約15℃(参考:スタンフォード大学 クレイグ・ヘラー教授研究)

      ・2019年テストユーザーの声  昼間は身体を冷やし、夜は枕。冷たくて、疲れがとれる!(つくば市 バレーボール部)


 我々は小さな会社ですが、技術に自信があります。夢と希望を与えてくれるスポーツ選手が、

いつでも、どこでも、何度でも、身体を冷やせる環境を作り、熱中症予防に貢献していきます。


 報道機関の皆様にご紹介頂く形で、全国の競技者に知っていただき、使ってもらいたいです。


問い合わせ窓口: 松浦工業株式会社 アイスバッテリー事業部  井戸    
住所:大阪府大阪市中央区内平野町3丁目1-9   代表 06-6941 3715  

HP: https://www.ma-sports.biz/ e.Mail:   e.ido@matsuura-ind.co.jp

 

06-6941 3715

大阪市中央区内平野町3丁目1-9

©2019 - 2020 by まつうら工業 株式会社